カートに商品がありません。

現在の中身:0点

人気ブランド

はじめてのバッチフラワーレメディ

オルゴナイトとは?

フラワーエッセンス

  • スピリチュアル雑貨

    アロマオイル

    ヘルスケア・スキンケア

    ペットケア

    動画セミナー

  • 個人セッション・セミナー

    商品一覧を見る

    詳細内容で探す

    商品コードで探す

    詳細検索


    店長のごあいさつとお店誕生ストーリー

    特集コラム

    ギフトラッピング

    フラワーレメディの卸売販売

    Paid 締め支払対応中

  •  

    トップページ > フラワーレメディ よくある質問

    フラワーエッセンスの基本的なこと

    フラワーエッセンスとはどのようなものですか?
    フラワーエッセンスとは、花に宿る癒しの力を水に移したものです。簡単に言うと、お花のパワーを凝縮した”飲む”エッセンスのことで、植物療法の一つでもあります。フラワーエッセンスは人間の精神面に直接働きかけて、怒り、恐れ、不安、嫉妬、寂しさ、悲しみ、自信喪失、気力の低下など、マイナスの感情をプラス方向へと導き、心の状態を整えることで、心身ともに健やかでいられるように助けてくれます。

    フラワーエッセンスを開発したのはエドワード・バッチ博士という人で、バッチ博士は外科医、公衆衛生学者、ホメオパシー医でもあり、細菌学者として大きな業績を残した方です。バッチ博士はフラワーエッセンスの精製方法を非公開とせず、広く公開したため、世界に広がっているフラワーエッセンスは、このバッチ博士の開発した方法で様々な地域の花や植物を使って作られ、今では数千種類あると言われています。

    実は作り方はとてもシンプルで、朝一番でお花を摘み、ミネラルウォーターの上に摘んだお花を浮かべ、太陽の光によって花のエネルギーを水に転写するという方法(太陽法)が一般的です。樹木の枝に生える硬い蕾のような花などは鍋などに入れて煮出す方法(煮沸法)もあります。

    ヨーロッパやアメリカでは、日常生活で取り入れられ、クリニックでも処方されているほどポピュラーなもの。先進国の中では、日本だけ認知度が低く、でも一番必要なのではないかと言われています。
    フラワーエッセンスはどんな香りがしますか?
    フラワーエッセンス自体に香りはありません。水をはったボウルに花を浮かべて太陽光を当てたり(太陽法)、煮沸すること(煮沸法)によって作られるものであり、飲んで感情面に働きかけることを目的としております。アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルなどのように芳香が癒しをもたらすものではないのです。
    フラワーエッセンスはどんな味がしますか?
    フラワーエッセンス自体は水と同じで味がありません。日本で販売されているバッチフラワーレメディがシロップのような甘い味がするのは、保存料として使われている食用グリセリン(植物グリセリン)の味です。海外で販売されているフラワーエッセンスの大半は保存料にブランデーやスピリッツなどが使われているのでお酒の味がします。
    病院でもらった薬を飲んでいます。フラワーエッセンスは他の療法との併用はできますか?
    フラワーエッセンスは薬ではありませんので、薬との飲み合わせは全く問題ありません。現在服用されている薬やビタミン剤などをやめる必要はなく、同時に飲んで頂くことが出来ます。副作用や常習性もありませんので安心してお飲み下さい。もちろん他の療法との併用も可能ですが、薬の代わりに治療を促すものではありませんので、ご注意ください。しかしながら、感情のバランスが整うことで、他の治療や療法の効果を引き出し、相乗効果が期待されています。
    フラワーエッセンスどのような年齢の方が対象ですか?
    フラワーエッセンスは薬ではありませんので、副作用・常習性・依存性がないため、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢も男女も問わず幅広くご利用頂けます。(一般的なフラワーエッセンスは日本国内では食品として認可を受けています)
    現在妊娠中なのですが、妊婦でもバッチフラワーレメディは問題なく使用できますか?
    はい、問題なくご使用頂けます。バッチフラワーレメディは身体に直接作用するものではなく、また薬でもありませんので、妊婦さんや授乳中の方でも安心して使用することが出来ます。最近では、産婦人科のお医者様や助産師さんの間でもバッチフラワーレメディは取り入れられており、分娩を控えた妊婦さんにはレスキューレメディが大いに助けになっていることが報告されています。
    いろいろなフラワーエッセンスの説明を読んでいると、どれも少しずつ自分のマイナス感情に当てはまるように思えます。私に本当に必要なレメディを見つけるには、どうしたらよいのでしょうか?また、初心者におすすめのレメディはありますか?
    例えばバッチフラワーレメディは38種類とそのうち5種類を混合したレスキューレメディから構成されていますが、人はそれら全ての感情を持っています。普段は感情のバランスが保たれているために意識しないかもしれませんが、バランスが崩れてある感情だけが突出してくると、自分にはこんな感情があるのだと気がつくことでしょう。そのため、どのフラワーエッセンスも当てはまるように思えるのです。

    本当に必要なエッセンスを見つけるためには、自分のマイナス感情をじっくりと見つめることが重要です。どんな時にその感情を抱くのか、なぜそう感じるのかなど自分自身と向き合うことで、今あなたに必要なエッセンスが見えてくるのです。しかしながら、自分を客観的に見るということは思いのほか難しく、自分ひとりではうまくエッセンスが選べないこともあるでしょう。そんな時は当店のセラピストにご相談下さい。お話を聴きながら、今あなたに必要なエッセンスをご提案致します。

    フラワーエッセンスには、特に「初心者向け」や「経験者向け」といった区別はありません。使用頻度が高いものや、多くのシーンで使えるものなど、選びやくすて当店で人気のあるエッセンスをご参考までにご紹介します。まずレスキューレメディを始めとするレスキューシリーズは、様々な緊急時に使うことが出来るので、初めて使う方にもおすすめしています。また、ミムラスは対象がはっきりとわかっている不安に、オリーブは心身ともに疲労困憊している時に、スターオブベツレヘムは精神的・肉体的なショックを癒してくれます。その他にもホワイトチェストナットやクラブアップルもよく選ばれています。
    フラワーレメディはいくら天然のものと言っても使い続けると依存になるのではありませんか?
    確かに、状態の悪いクライアントは効き目を感じなければとか、胸に抱えて帰られる場合もありますが、状態が安定してくると飲むのを忘れたりして、飲む必要を感じなくなります。こちらでも、必要を感じなけなければ飲むのを止めていいのですとお伝えしております。(回答者:かのん
    間違ったフラワーエッセンスをとってしまった場合はどうなりますか?
    もしご自身の心の課題と異なったフラワーエッセンスを摂ったとしても、エッセンスのエネルギーとそのエッセンスを飲んだ人が共鳴しなければ、ただの水を飲んだのと同じことですので、心配されなくても大丈夫です。
    レメディの開封後の保管方法について教えて下さい。
    レメディの開封後の保管についてですが、直射日光にあてたり、今の時期でしたら高温多湿を避けて頂ければ、常温で大丈夫です。ただ、レメディの入っているボトルをしばらく開けっ放しにしたり、スポイトの先に触れたりすると雑菌が入りますので、そのような扱いはしないようにご注意ください。

    また、ミネラルウォーターにレメディを数滴入れて作る「トリートメントボトル」を作りたい場合は、移し替える過程で雑菌が入ったり、容器が完全に滅菌されていないということが考えられますので、冷蔵庫に入れて、2週間以内に使い切るほうが良いと思われます。

    安全に安心してお使い頂きたいので、レメディは食品と考え、出来るだけ早目に使い切るようにしてください。(回答者:Hitomi
    バッチ・DTW・ハワイアンレインフォレスト・の3つの異なる会社のレメディは、一緒に服用しても効果に影響はないのでしょうか?
    当店ではいくつものブランドのフラワーエッセンスを取り扱っておりますが、それぞれ違う場所で採られた花を使っているので波動(エネルギー)が違ってくるかと思います。

    絶対に一緒に飲んではいけないということではありませんが、同じ時期に、ひとつの会社のフラワーエッセンスを服用して頂いたほうが効果を実感して頂けると思います。それぞれのブランドごとに飲み方も若干異なるので、まずは一番、気になる会社のフラワーエッセンスを服用してみてください。(回答者:Tamami

    フラワーエッセンスの使い方について

    フラワーエッセンスは、どんな時に使えばいいのですか?
    フラワーエッセンスは様々な場面でお使い頂くことが出来ます。緊張や動揺で感情が不安定な時、抱えている問題と向き合う時、緊急事態が発生した時、または生活の一部に取り入れることも出来ます。例えば、こんな経験はありませんか?
    • 試験や面接、プレゼンやスピーチなどの前で緊張している
    • 相手の行動や言動にいつもイライラしてしまう
    • やりたいことがわからない、進むべき道がみつからない
    • 大切な人の突然の死に大変ショックを受けた、立ち直れない
    • 学校や会社での人間関係で悩んでいる
    • 心配ごとや悩みごとが絶えず頭の中を占領していて、夜も眠れない
    • 管理職に昇進したのはいいが、プレッシャーに押し潰されそうだ
    • 子育てに自信がなく、自分を責めてしまう
    • うつ病と診断されたが、何とかして元の元気な状態に戻りたい
    これはほんの一例ですが、長い間蓋を開けずに閉じ込めていた感情にも、毎日の生活の中で抱くちょっとした不安や緊張にも、あらゆる場面で使うことが出来ます。こんな時に使ってもいいの?または、こんな時はどのフラワーエッセンスを飲んだらいいの?というご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
    1度に何種類も使うことはできますか?
    フラワーエッセンスは1度に5〜6種類を目安として使えます。その際は、レスキューレメディなどのフレンドエッセンスも、ミムラスなどのシングルエッセンスも同じく1つのエッセンスとして数えます。ミネラルウォーターなどに各レメディを数滴ずつ垂らしてお飲み下さい。
    フラワーエッセンスを希釈するときはどんな水がいいのですか?
    フラワーエッセンスを希釈する場合は、ミネラルウォーターがおすすめです。ミネラルウォーターのように鉱物を含んでいる水の方が、黄金比率の正六角形の結晶構造を保っており、花のエネルギーを保持しやすいと言われています。少し硬度の高い(硬度300前後)のミネラルウォーターをおすすめします。
    フラワーエッセンスをコーヒーに混ぜて飲んでもかまわないですか?
    コーヒーだけでなく、お茶やジュースなど、どんな飲み物に入れても結構です。ただし、お茶類に含まれているカフェインによる刺激、あるいは味や香りなどによって、フラワーエッセンスの繊細なエネルギーがわかりにくくなってしまう可能性があります。飲み物に入れるならば、ミネラルウォーターが一番おすすめです。
    フラワーエッセンスを子供に使用する際の量について教えてください。
    フラワーエッセンスは、子どもが飲む場合でも、大人と同じ量になります。フラワーエッセンスはお薬ではありませんので、過剰投与の心配はいりません。直接口に垂らしてあげるか、飲み物に1回2滴(レスキューレメディなどのブレンドエッセンスはシングルエッセンスよりも少し多め。例えば4滴)を入れて飲みます。複数のエッセンスを同時に飲む場合も、加えるエッセンス自体の量は変わりません。
    トリートメントボトルって何ですか?
    お店で販売されているレメディの入っているボトルをストックボトルと言います。そして、必要なレメディを選んで、青や茶色の遮光瓶に混合したもの(レメディは7種類まで入れることができます)がトリートメントボトルです。ボトルはガラス製で煮沸消毒することで繰り返し使用できます。数種類のレメディをストックボトルからトリートメントボトルに入れ、ミネラルウォーターで希釈して飲みますので、問題解決時、一定期間利用するときに経済的に便利です。トリートメントボトルはフラワーレメディでも販売中ですのでご確認下さい。※希釈したトリートメントボトルは、早めに使い切ってください。
    レスキューレメディでトリートメントボトルを作る時に加える場合、レメディを何種類使用したことになるのでしょうか?
    レスキューレメディは緊急時に使うレメディとして、バッチ博士が38種類のバッチフラワーレメディの中から5種類のレメディをブレンドして作ったもので、39番目のレメディとも言われており、数え方は1種類と考えます。トリートメントボトルにレスキューレメディを入れても、レメディはあと4〜5種類まで入れることが出来ます。
    フラワーエッセンス商品の保存法をお教えください。
    フラワーエッセンスは、直射日光を避け、なるべく温度差の少ない涼しい場所で常温保存していただけます。ただし、ミネラルウォーターを使って希釈したトリートメントボトルの場合は、冷蔵庫に保存して、できるだけ早めに使い切るようにして下さい。
    バッチフラワーレメディを熱いものに入れても大丈夫でしょうか?
    沸騰していない状態であれば、お茶やコーヒー、紅茶、ハーブティーなどの熱い飲み物に入れても大丈夫です。ただし、バッチフラワーレメディを入れてから沸騰させると、エネルギーが消えると言われていますので、ご注意ください。
    お茶に入れても大丈夫ですか?
    はい、大丈夫です。お茶やハーブティーに入れて飲むこともできます。また、温かいお茶、冷たいお茶を問わずお飲み頂けます。
    フラワーエッセンスを炭酸水に入れて飲むのは、良くないと聞きました。なぜよくないのでしょうか?
    バッチ博士の功績を継承するバッチセンターは、炭酸水に入れて飲んでも問題ないと回答しています。しかしながら、エネルギーの波動という観点から見ますと、炭酸水の場合、波動が壊れてしまい上手く伝わらないと言われております。ですので、花のエネルギーを一番に生かす方法としては、ミネラルウォーターがおすすめです。
    フラワーエッセンスをお風呂に入れて使う場合は、どれくらいの量を入れるのでしょうか?
    お風呂に入れる場合は、ストックボトルから約8〜10滴ほど入れます。一度に混ぜることのできるレメディの種類は、飲む場合と同様5〜6種類です。お風呂に入れるレメディとしては、クラブアップル(清浄)オリーブ(元気・活力)レスキューレメディなどが人気のようです。
    赤ちゃんにはどのように使用すると良いでしょうか?
    レメディの用量は、大人の場合と同じく1回2滴(レスキューレメディの場合は4滴)です。一般的には、湯冷ましでうすめたものを、水やミルク、ジュースと一緒に飲ませますが、母乳を与えている場合には、母親が摂ることで赤ちゃんにも伝わります。
    夜泣きしている最中など、口から与えられない場合には、唇につけたり手首や耳の後ろにすり込んだりします。また、寝る前の沐浴にレスキューレメディを入れるという方法もあります。その場合のレメディの量は、大人の場合と同じく10滴程度です。
    観葉植物にはどのように与えたら良いのでしょうか?
    観葉植物に与えるレメディの量は、水の量にもよりますが8滴くらい(レスキューレメディなら16滴くらい)が目安です。スプレーや水遣りの如雨露やバケツに水を入れた上で、レメディを混ぜ、観葉植物にかけてあげてください。植え替えや植物が弱ってしまったときなどにも使うとよいと思います。最近ではワイン作りにフラワーエッセンスを利用しているワインシャトーもあるそうですよ。
    バッチフラワーレメディを1日4回きちんと飲みたいのですが、外出先や旅先などではついつい飲み忘れてしまうことがあります。飲み忘れないようにする為に、何か良い方法がありましたら教えてください。
    「レメディを飲もう」と意識をせずにお飲みいただく方法としましては、ペットボトルなどのお飲み物にレメディを入れて持ち歩く方法をお薦めいたします。ストックボトルからでしたら8滴、トリートメントボトルからでしたら16滴をペットボトルなどのお飲み物に入れて持ち歩いていただき、それをこまめにお飲みいただくことで、一日分のレメディを無理なくお摂りいただくことができます。

    バッチフラワーレメディについて

    バッチフラワーレメディとはどのようなものですか?
    バッチフラワーレメディとは、イギリスの医師で細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって完成された、心のバランスを整えるシンプルな癒しのシステムです。38種類のレメディは自生する草花や植物のエネルギーを水に転写させたもので、1種類は天然の湧水から作られていています。レメディを飲むことによりそのエネルギーが感情面に働きかけ、本来の自分の在るべき心のバランスを取り戻し、心身ともに健やかでいられるようにサポートしてくれます。詳細はバッチフラワーレメディの紹介ページをご覧下さい。
    バッチフラワーレメディは、1度にどのくらいの量を飲むのが正しいのでしょうか?
    ストックボトル(市販の10mlの小瓶)から飲む場合は1回2滴、レスキューレメディの場合は1回4滴です。
    バッチフラワーレメディを数滴ほど口の中に入れてみたら、甘い味がしたのですが、人工甘味料がはいっているのでしょうか?
    ご心配されているあの甘味は、植物性グリセリンの自然の甘みです。レメディの保存料として使用されております。バッチフラワーレメディの成分は、フラワーエッセンス(お花からエネルギーを転写させたり、抽出されたもの)と水と食物性グリセリンだけですので、全て自然のものです。どうぞご安心してお使い下さいませ。
    バッチフラワーレメディを購入しようと検討中ですが、成分の中にアルコールが入っていたりしますか? 車の運転を毎日するので気になりました。
    当店で販売しているバッチフラワーレメディは、グリセリンベース(食用グリセリン配合)のものとアルコールベースのものの2種類があります。お車を運転するのであれば、グリセリンベースの商品をお選びください。
    バッチフラワーレメディの原材料はなんですか?
    日本で販売されているバッチフラワーレメディには、
    ・水
    ・植物性グリセリン(食用グリセリン)
    ・それぞれの花のエネルギー(フラワーエッセンス)
    が入っています。イギリスで販売されているバッチフラワーレメディには保存料としてブランデーが使われていますが、日本では酒税法の関係上、植物性グリセリンが保存料となっています。
    バッチフラワーレメディのボトルに記載されている「食品添加物/香料」はどちらも自然のものですか?
    バッチフラワーレメディは、日本では食品衛生法上「食品」として分類され、販売されます。従いまして、ラベルには必ず、食品衛生法で定められた法律的な名称を使わなければならないことになっています。食品(水も含めて)に加えられるものはすべて食品添加物で、これは法律的用語になりますので、実は製品名を指すものではありません。

    食品は全成分を表示しなければならないので、ラベルに書いてある通り「水」と「グリセリン」の自然の材料のみが材料です。グリセリンは、食品衛生法の分類で、かならず食品添加物という名称になります。香料も法律的な用語で、水や飲み物に風味付けするものは、味があるなしにかかわらず香料の分類になります。バッチフラワーレメディは薬ではなく食品分類なのでこのような表示になります。

    ですので、食品添加物はすべて悪いものではありませんが、心配であれば、必ずラベルを見て、合成保存料や、合成防腐剤、合成色素、合成柔軟剤などがないかどうかが問題になります。
    バッチフラワーレメディは保存のためでもあるグリセリンは80%入っています。日本以外の国で販売されているバッチフラワーレメディの保存にはブランデーが使われているのに、何故日本で販売されているレメディにはグリセリンを選んでいるのでしょうか?また、グリセリンに何か副作用・アレルギーはありますか?
    花のエネルギーの保存料には、長年アルコールが使われてきました。日本以外で販売されているバッチフラワーレメディの保存料にはブランデーが使われていますが、日本では酒税法上「酒類」に分類されるために、販売には特殊な免許が必要となります。そのため、日本向けのレメディの保存料に良いものを探して製造されたのが、ビネガーやグリセリンです。

    アルコールは陰性の物質で、花のエネルギーも東洋思想では陰性になりますので保存に適しています。また、アルコールの後にできるビネガー、3価のアルコールであるグリセリンも分子構造がアルコールに近く、花のエネルギーの保存に適しています。ビネガーを保存料としたレメディも一時期は製造されましたが、発酵が進んでしまうためレメディの保存には不向きと分かり、それ以降グリセリンが使われるようになりました。
    副作用につきましては、コップでがぶがぶ毎日飲まない限り全く問題はありません。
    商品が本物かどうか何か証明するものはありますか?
    バッチフラワーも元々は一つしかなかったので、偽物も本物もありませんでしたが、いまは名前を騙る製品もあり、また中国などの偽ブランド大国も近くにあり、こういった問題はやはり出てくると思います。
    1. 本物には必ずバッチ博士のサインのロゴがあります。これは偽物にはありません。
    2. 原液は英国のバッチセンターで作られており製造と瓶詰めは英国ネルソン社で行っています。
    3. そして酒税法に対応した日本仕様の製品は必ず(株)プルナマインターナショナルが輸入元になっています。
    この3つの条件を満たしているものが本物ということになります。バッチフラワーは食品として輸入販売されていますので、厚生労働省の輸入許可を得たものしか正式に販売することはできません。つまり、国の許可を得ているかどうかも一つの証明になると思います。

    当店では、上記1〜3の条件を満たしている「正規品」のみを販売していますのでご安心下さい。
    バッチフラワーレメディを数種類混ぜ合わせる時は、遮光ビンに各2〜3滴ほど入れてからミネラルウォーターに混ぜるように書いてありましたが、原液のみを数種類混ぜるのはどうなのでしょうか?どちら使用期限もあると思うのですが。
    原液同士を混ぜることは可能ですが、レスキューレメディのように違ったものが出来あがってしまう可能性があり、ガイドラインもありませんので、特におすすめはしておりません。
    一般的に水の能力として、6種類ぐらいが異なったエネルギーをそのまま保持する限界と言われておりますので、それを越えると、どれかが失われるか、もしくは全ての性質が変わってしまう可能性がございます。また、水を使わずに混ぜ合わせる場合も、元々の水が80%くらいありますので、5種類か6種類までが適当な数ということになります。ストックボトルに記載されている賞味期限は、未開封のまま所定の環境に置いた状態で品質が維持されると保証する期限ですので、一度開封したものはトリートメントボトル同様、お客様の責任のもと早めに使い切るようにして下さい。
    オーラブーケの光毒性について、お聞きします。グレープフルーツや、ライムなどは光毒性があるので、頭のうえから、スプレーする場合、いくらかは、肌についてしまうとおもいます。そのあと、日光にあたっても、シミなどにはならないのでしょうか?
    やはり気になるようであれば、直接日のあたる場所にはつけないほうがいいそうです。肌の裏側とか洋服で隠れているところにつけてください。

    レスキューレメディやレスキュー関連商品について

    レスキューレメディとレスキューペットはどのように違うのですか?
    レスキューレメディとレスキューペットは同じものです。ペットショップなどでの取扱が増えてきたために、わかりやすくするためにパッケージと商品名称を変更した商品が「レスキューペット」です。ですので、レスキューペットを人が飲んでも良いですし、レスキューレメディをペットに与えても全く問題ありません。
    レスキューレメディで(体がだるく感じる等)好転反応がでる人もいますか?
    まれにですがレスキューレメディでも好転反応が起こることがあると思います。ただ、その場合に考えられるのは、かなり抑圧の強い人や、無意識に本心を抑圧しているため、抑圧している自覚がない人に多く、意識と無意識の認識の違い(ギャップ)が大きい人ほど苦しく感じることもあるでしょう。どちらが正しいかというよりは、無意識の方が強いので、頭(意識)で出てくる感情を否定せず、そういった感情があってもいいのだと受け入れることが大切です。頭で抵抗すると苦しくなると思います。

    また、レメディを飲んだら眠くなった、体がだるく感じた、風邪を引いて寝込んでしまったという体験談があります。これも意識と無意識の違いに似ていて、体からのSOSサインを無視して働き続けたり、疲れていても休息を取らずに動き続けてしまう人などに多く、レメディを飲んだことによって潜在意識が呼び起こされ、「意識して休息をとることが必要だ」ということに気づくための反応だとも言えるでしょう。

    いずれも一時的な反応で、長くは続かないはずですので、体がだるく感じた場合などには、出来るだけ意識して休息をとり、自分の感情をよく見つめて乗り越えていって欲しいと思います。
    レスキューレメディに関して以前から素朴な疑問があるのですが、配合されている5種類のレメディをブレンドしてトリートメントボトルを作った場合、レスキューレメディと同様の効果、またはレスキューレメディに近い効果を得ることはできるのでしょうか?
    レスキューレメディは、スターオブベツレヘムロックローズチェリープラム・インパチエンス・クレマチスの5種類が配合された混合レメディですが、あらかじめ混合された母液に保存料のグリセリンを加え完成されたもので、他の38種類のレメディと同様に、1つのレメディとして考えます。5種類の植物の母液の配合比率や濃度などの具体的な内容は公開されていないため、独自に5種類のレメディをブレンドしてトリートメントボトルを作ったとしても、それはバッチセンターのレスキューレメディと同じもと言うことはできませんし、効果についてもばらつきが出てくると思います。
    レスキューレメディに配合されている5種類のエッセンスとレスキューの6種類をブレンドした場合は、レスキュー単体よりもさらに強力なレメディができるのでしょうか?
    レメディの量は多ければより効果が得られるというものではなく、必要最小量が取れる限り、レメディの量が効果を左右することはなく、それはストックボトルから直接飲んでも、トリートメントボトルを作って飲んでも効果が変わらないことで説明することができます。ですから、レスキューレメディに配合されている5種類のエッセンスに更にレスキューレメディを加えたとしても、強力なレスキューレメディができるわけではありません。
    レスキューレメディにホワイトチェストナットを加えればレスキューナイトと同様の効果が得られるのでしょうか?
    レスキューナイトはレスキューレメディに配合されているスターオブベツレヘムロックローズチェリープラム・インパチエンス・クレマチスの5種類にホワイトチェストナットを加えた6種類からなる混合レメディです。レスキューレメディ同様に、6種類の植物の母液の配合比率や濃度などの具体的な内容は公開されていないため、レスキューレメディにホワイトチェストナットを加えても、レスキューナイトと同様の効果が得られるというわけではありません。
    レスキューペットについてなのですが、使用したいのは「うさぎ」です。レスキューペットは使えるでしょうか?もともと不安定な動物なので伺ってから購入しようと思いました。
    もちろんレスキューペットはうさぎにも安心してご利用いただけます。犬や猫を飼っている方が多いので、事例やご質問などは犬や猫をテーマとした内容が多いのですが、例えば牧場で飼育している馬や牛、ニワトリなどにフラワーエッセンスを使用しているという酪農家もいますし、インコやオウムなどもご利用いただけます。動物にも感情があります。その感情を癒してあげるためにフラワーエッセンスを活用してあげて下さい。
    バッチフラワーレメディのことは何度か聞いた事がありましたが、買うのは初めてなので、レスキューレメディレスキューパステルのどちらが使いやすいのか迷っています。現在臨月でもうすぐ出産なのですが、もしもの時のために用意して置こうと考えています。
    ご出産の為にお使い頂くと致しましたら、痛みが軽減し、緊張状態からリラックスに導くレスキューレメディの方がおすすめです。レスキューパステルはレスキューレメディを含んだグミタイプのもので、緊急時にレメディを飲むのが難しい状況(外出先や満員電車の中など)や、お子様に親しみやすいかと思います。
    他にもミムラスロックローズは不安を軽減してくれますし、バーベインやインパチェンスも体をリラックスさせる助けとなります。
    レスキュークリームについて、やけど跡の薄茶色のところが気になるのですが、効果はありますか?
    レスキュークリームはやけど跡や傷そのものを治すものではなく、不快感を取り除くことで症状を緩和し、最大限の自己治癒力を引き出す効果が期待されるクリームです。既に跡になっているということですので時間は掛かるかもしれませんが、自己治癒力に限界はありませんので、不快に感じる場合にはご使用頂くと良い効果が表れるかもしれません。

    ペットとフラワーエッセンスについて

    人用のバッチフラワーレメディとペット用のバッチフラワーレメディに違いはあるのでしょうか?
    レメディの成分に違いはありません。人がペット用、ペットが人用を飲んでも全く問題はありません。ただ、衛生面を考えると区別をして服用される事をオススメしています。(回答者:Yumi
    ペットにも使用できると聞きましたが、どのように使ったらいいですか?
    ペットは人間のように話すことができません。しかし、彼らも人間と全く同じようにストレスを感じていることが多いのです。ペットの状態がいつもと何か違うと感じたら、まず何か環境の変化はなかったか、または行動をしっかりと見てあげましょう。飲み水や餌に混ぜたり、手に垂らして舐めさせてあげます。
    当店にはペットへの利用に詳しいセラピストもおりますので、お気軽にご相談下さい。
    バッチフラワーレメディはペットにも有効との事ですが、猫に与えても大丈夫ですか?
    大丈夫です。猫は犬のように躾けたりトレーニングが出来ないとされています。その分問題行動を解消できずに困る事もありますよね。けれど、感情を素直に全身で表現するのが猫の特徴だからこそ心の問題に作用するレメディは役に立つと思います。(回答者:Yumi
    食欲がないペットに食欲が出るようなレメディはありますか。
    あなたが食欲がない時はどんな時でしょうか?ペットも人間と同じく感情があります。何か特別な環境の変化はありませんでしたか?行動をよく見てあげましょう。食欲がなくなるというのは最終的な結果ですので、お腹の調子が悪かったり、寂しい思いをしていたり、恐怖を感じたことが原因かもしれません。不安やストレスを取り除いてあげることで、正常な食欲に戻ることでしょう。
    レスキューレメディを購入させて頂きました。16歳の老犬のためなのですが、後にレスキューペットという別商品あることを知りました。犬の与えるにはレスキューペットの方がいいのでしょうか?ふたつの商品の違いをお教え頂ければ幸いです。
    レスキューレメディとレスキューペットはパッケージの違いがあるだけで、内容的には全く同じものです。(ペットショップなどで取り扱いやすいようにということで、レスキューペットが生まれました。)レスキューレメディを動物に与えても全く問題ありませんので安心してお使い下さい。
    最近食欲がなく、寝ている事が多いような気がします。ペットが元気になるようなレメディはありますか?
    心の状態にあったレメディを飲ませてあげれば元気を取り戻す事が期待できます。ただ、動物の行動の変化は、感情からの変化だけでなく、病気のサインである場合が多くあります。動物達は言葉で症状を知らせる事ができないので、安心してレメディを与えるためにも、まずは獣医師のよる健康診断を受けてください。体に不調がないとわかった後に、適切なレメディを選んであげる事が重要です。(回答者:Yumi
    仔猫を迎えるのですが先住猫にもレメディを与えた方がいいですか?
    仔猫にはレスキューレメディ、ウォルナット(環境の変化)。先住猫には、やはりウォルナットとホリー(仔猫に嫉妬しないように)を与え二匹の様子を見ながらレメディを選びなおしてはいかがでしょうか?(回答者:丸江泰子
    無駄ぼえをするワンちゃんには,どれがいいですか?物音・チャイム・人・犬に吠えます。もう一つは,落ち着きがありません。おすすめを教えてください。
    ワンちゃんへのレメディのご選択ですが、無駄吠えと言っても恐怖にかられての場合や、大義の為に家族や家を守っている場合等理由は色々とあるかと思います。
    落ち着きがないというところから、活発で興奮しやすくじっとしていられない様子があるのでしたら「バーベイン」が宜しいかと思います。縄張りを守る為に吠えているような時に。また、恐怖から吠えることが多い場合には「ミムラス」。これは特定のモノを怖がる時にお薦めです。内気で臆病なワンちゃんにおすすめの商品です。また「レスキューペット」も同時にお取り頂いても宜しいかと思います。(回答者:林美奈子)

    選び方や使い方のコツ

    タイプレメディとヘルピングレメディはどのように違うのでしょうか?
    タイプレメディとはその人の元々ある性格に合わせて選ぶレメディでヘルピングレメディは一過性な感情に合わせて選ぶレメディのことです。タイプレメディは比較的長期間のむ必要がありますが、ヘルピングレメディはその感情がなくなれば飲む必要はありません。38種類のレメディはそのどちらにも使えます。(回答者:かのん
    一つの事を考え始めると他の事を全く忘れてしまうのですが、適したレメディはありますでしょうか?例えば、何か買う必要のあったものを一つ思いつくと、他の買う必要のあったものを、優先順位を含めて、全て忘れてしまうのです。
    お問い合わせ頂いた内容だけで判断するのは難しいのですが、この状況の時にあなたがどんな感情を抱くかを考えてみて下さい。軽く落ち込むくらいでしたらゲンチアナ、何度も何度も同じ失敗を繰り返す場合にはチェストナットバッド、失敗してしまった自分を責めてしまう時にはパイン、何かをしようとするたびに失敗してしまうのではないかと不安で行動できなくなるような場合にはミムラスがおすすめです。感情を見つめてレメディを選択するところから改善は始まっていると言われます。是非試してみて下さい。
    私は2児の母なのですが、どうしても子供に強く言いすぎてしまうところがあり、もしこのような状況を緩和するために、おすすめのレメディがあれば教えていただきたいです。私は日中は仕事をしているので、子供がいない間は平静でいられるのですが、子供達が帰ってくると子供達のペースと私のペースが合わないとイライラしてしまうのです…。
    お仕事と家事・子育てを両立していくためには、エネルギーをバランスよく使うことが大切です。お子様のペースと自分のペースが合わずにイライラしてしまう場合にはインパチェンスを、お子様に強く言い過ぎてしまったとご自身を責めることがあればパインをおすすめします。また、強く言い過ぎるとは、怒りっぽさや怒り混じりでしょうか?その場合はホリーを飲みましょう。仕事に家事に子育てと、ご自身では自覚がなくても身体的に疲労が溜まっていることがありますので、その場合にはオリーブが効果的です。
    弱みを見せたくないので、明るく演じているので、愛情いっぱいの家庭で幸せに育ったように見えるようですが、家での自分とは全然違います。家では、親としょっちゅう喧嘩してキレたり、決して他人には見せられない感じでした。 育った家庭環境もあり、摂食障害になり、友人とも初めは関係が良いのですが、だんだんと、自分以外の友人同士が親しい場面にばかり注目してしまい、嫉妬や悲しくなってしまい、3人以上で遊んだり交流するのが苦痛に感じるようになり、最終的には自分から離れていってしまいます。 私は、周りに見栄を張ります。よく思われたいという気持ちが強く、少し失敗すると、ダメだ、と落ち込み、自分を責めてしまいます。自分の周りのほとんどの人が自分より優れて見えたり比べたりも良くてしまいます。
    弱みを隠して明るく演じてしまうのは、自分の周りで起きている問題を認めることが出来ず、本当はとてつもない苦しみを抱えているにも関わらず、何も心配事がないかのように笑い飛ばし快活に振る舞うアグリモニーのタイプと捉えることが出来ます。そして、喧嘩をしてキレてしまったり、摂食障害を経験したりというのは、自分の感情や行動のコントロールを失った状態で、この場合にはチェリープラムがよく合います。

    また、人によく思われたい、認められたいという感情や虚栄心が強く見栄を張ってしまうという状態は、ヘザーのタイプの人によく見られるものです。このタイプの人は、一人でいることを恐れるがあまりに、他の友人同士が親しくしているのを見ると、仲間外れになったという孤独感に苛まれます。

    また、劣等感を感じやすく、他人と比較しては自分の価値に対して自信が持てずに落ち込んだり責めてしまうのです。失敗したときや自信を失った時の落ち込みにはゲンチアナが、自分を責めてしまう場合にはパインがおすすめです。ヘザーを飲むことで友人への嫉妬心は消えていくと思われますが、自分の不遇な環境にあるのは友人のせいだなどと、相手に対しての憎悪が強い場合には、ホリーというレメディも考えられます。
    サイトの説明だけでは、ワイルドローズ(自分はどうせこんなものだと諦めている人のためのフラワーエッセンス)とスイートチェストナット(絶望や悲しみのどん底にいる人のためのフラワーエッセンス)の違いがよくわかりませんでした。共に諦めや絶望感を癒すエッセンスだと思うのですが、どのように使い分ければよいのでしょうか?
    諦めや絶望感はどちらも失意から発展していく感情を表しており、時間の経過とともに変化していくものです。ワイルドローズスイートチェストナットが対応する感情の大きな違いをおさえておくとより選びやすくなると思います。大きなポイントは以下の2点です。
    • 今現在、絶望感や悲しみなどの苦痛を感じているかどうか
    • 何とかして現在の状況から抜け出したいと思うか、または、救いを求める気持ちが残っているか
    スイートチェストナットが必要な人は、今現在絶望のどん底にいて、極度の精神的苦痛を味わっています。やむを得ずその環境に適応するために、我慢し続けた結果、我慢の限界に達して希望を持つことができなくなるのです。もうこれ以上どうすることも出来ないと分かっていますが、自分ではどうすることもできない、何とかして今の状況から抜け出したいと救いを求める人のレメディです。
    ワイルドローズが必要な人は、スイートチェストナットの絶望感や精神的苦痛もはるかに通り越していて、無気力で、今の辛い状況にも運命だと思って服従してしまい、どうにかして救われたいという気持ちさえ抱かない状態にあります。不平不満を言うこともありませんが、人生を楽しもうという意欲もなく、完全に人生を諦めきっている人のレメディです。そのため、ワイルドローズの状態にある人は、自分が置かれた状況が苦痛だとも思わないので、自分にはレメディが必要であるということにも気がつかないかもしれません。
    また、スイートチェストナットの状態が長く続くと、やがては救いを求める気力もなくなり、ワイルドローズの状態になることもあります。
    サイトの説明だけでは、ゲンチアナ(ちょっとしたことで落胆したり憂鬱な気分になりやすい人のためのフラワーエッセンス)とゴース(物事を諦めてしまっていて絶望を感じている人のためのフラワーエッセンス)の違いがよくわかりませんでした。共にマイナス思考を改善していくエッセンスだとは思うのですが、どのように使い分ければよいのでしょうか?
    はじめはちょっとしたことで落ち込んで落胆していただけなのに、気がつくと絶望感の渦の中にいるということもあるかもしれません。ゲンチアナゴースが対応する感情の大きな違いをおさえておくとより選びやすくなると思います。大きなポイントは以下の2点です。
    • 落ち込んだ理由がはっきりしていて、マイナスの感情を自覚しているかどうか
    • 前向きになろうとする気持ち、意志があるかどうか
    ゲンチアナが必要な人は、困難な状況に直面すると、すぐに諦めてしまったり、全体的にものの見方が否定的なため、ちょっとしたことで落ち込んでしまいます。落ち込んでしまった理由がはっきりとわかっていて、憂鬱な気分や落胆しているというマイナスの感情にも少しは気がついており、前向きになろうとする意志はまだ残っているのですが、否定的なものの見方は悲観的な態度に移行しやすいため、こうなると諦めきってしまい、問題を解決しようという気持ちもなくなってしまいます。そうなる前に、落ち込みやすい自分に気がついている時点で、飲んで頂きたいレメディです。
    ゴースが必要な人は、ゲンチアナの状態が長く続いたり、すでにマイナスの感情自体が見えなくなってしまっているため、前向きに問題を解決していこうという気持ちがありません。それどころか、どうせ問題なんて解決するはずがないと初めから諦めきっているため、周囲が力になろうと手を差し伸べても、その手を掴むことはありません。そのため、自らレメディの力を借りようとする人は少ないかもしれません。病気の場合などは、他の治療法をあまりにも強く勧められると、効果がないとわかっていても、「そこまで言うなら試してみてもいいけど」と勧めてくれた相手を喜ばすために試すかもしれません。人生に生きる希望を取り戻したい人におすすめのレメディです。
    バッチフラワーレメディのレスキューナイトとDTWフラワーエッセンスのコンフォータブルスリープの違いはありますか?

    レスキューナイトとコンフォータブルスリープは、ともにブレンドエッセンスで、それぞれのブランドの複数のシングルエッセンスが配合されています。

    ということで配合されているエッセンスに違いがあるのですが、目的は眠りを妨げている原因になっている「感情」を癒やすことで、リラックスを促し、眠りにつくサポートをするという点では同じとなります。

    それぞれの配合エッセンスは以下の通りですので、ご自分の心の状態にあった商品をご選択いただくとよいと思います。

    コンフォータブルスリープ
    まずコンフォータブルスリープの配合エッセンスは以下の通りです。
    DTWフラワーエッセンスは日本人のために作られたエッセンスブランドなので現代日本人が抱えている精神的な悩みにアプローチするというコンセプトで快眠をサポートするエッセンスを作っています。

    トレンブリングポプラ
    心配事や悪夢を減少させて、穏やかな睡眠へ導く

    カモミール
    熟睡を妨げる脳の過剰活動や心配を減少させる

    ディル
    精神疲労を緩和し安らかな眠りにつけるように助ける

    マグワート(シングルエッセンスとして未発売)
    夢によって睡眠が妨害されるのを減少

    セントジョーンズワート
    恐怖感や精神的ストレスに関連した夢の妨害を減少

    レスキューナイト
    一方レスキューナイトの配合エッセンスは以下の通りです。
    人気のレスキューレメディに解決にはいたらないような難しい問題が頭の中で堂々巡りを繰り返してしまう人のためのホワイトチェストナットが配合され、夜に特化したレメディとされています。

    チェリープラム(自制心)
    気持ちをうまくコントロールできない

    クレマチス(集中力)
    無気力で、ぼんやりしている

    インパチエンス(忍耐力)
    気持ちが落ち着かず、イライラする

    スターオブベツレヘム(癒し)
    辛い、悲しい出来事に傷ついている

    ロックローズ(克服)
    思いだすだけで怖くなることがある

    ホワイトチェストナット(静謐)
    頭が勝手にいろいろなことを考え始め、夜眠れない

    フローラコロナのマジェンタクロスコンビネーションとフラワーエッセンスのパパイアを購入しました。一度に服用するにはどのように何滴のめばよろしいのでしょうか。服用以外の使用方法もお願いします。
    フローラコロナのマジェンタクロスコンビネーションとフラワーエッセンスのパパイアを一度に服用するには1回につき3滴ずつ、1日3〜4回を目安に服用していきましょう。コップ一杯のお好きなお飲物に両方を垂らして飲んだり、直接、それぞれを口に垂らして飲んで頂いても。(アルコールが苦手な場合は飲み物に垂らすほうがおすすめです)

    例えば、朝起きてすぐや就寝前にパパイアを飲んで、仕事に行く直前や仕事先のランチでマジェンタクロスコンビネーションを飲むといった方法もいいですね。

    服用以外には、仕事の日に人間関係で嫌なことがあった夜のお風呂にマジェンタクロスコンビネーション10滴ほど入れて入浴したりマジェンタクロスコンビネーションでスプレーミストを作って仕事の際にバッグに入れていき身体全体に頭から被るように吹きかけるのもおすすめです。スプレーミスト(ルームスプレー)は、ブログ記事「ルームスプレーに加えたいフラワーエッセンスたち」をご参考に!精油は入れなくても大丈夫です。

    今、その瞬間のご自分の気持ちに合わせて飲みたいと思ったときに飲みましょう。服用量は多くせず、服用回数を多くするのがコツです。(回答者:Tamami
    レスキューとレスキューナイトの効果はほぼ同じですか?寝つきが悪いのは、やはりナイトを使用したら良いですか?
    レスキューナイトは、レスキューレメディに配合されているインパチエンス、クレマチス、チェリープラム、ロックローズ、スターオブベツレヘムの5つにホワイトチェストナットが配合されています。ホワイトチェストナットは、悩み事を考えはじめて堂々巡りを繰り返し眠れないでいるときに頭をすっきりとさせて眠りにつけるよう導きます。ですので寝つきが悪いとき、寝る前、そして布団に入ってからもレスキューナイトをお飲みください。一方、レスキューレメディは、緊急事態の際に、心が乱れてしまったときに、また緊張してしまう前などにご活用下さい。(回答者:Tamami

    フラワーエッセンスの効果について

    フラワーエッセンスは医薬品の代替えにはなりますか?
    フラワーエッセンスは医薬品ではありません。感情に働きかけ、精神的なバランスを取り戻すことにより、心身の問題症状が改善することはありますが、医療行為に変わるものではありません。医学的な治療を保管することはできましても、代替とはなりませんので、医学的な治療・投薬等については必ず掛かり付けの医師の指示に従ってください。
    効果が感じられない場合、何が原因ですか?
    いくつか原因が考えられます。
    よくあるのは、回数が足りない場合です。トリートメントボトルから飲む場合は、1日に最低でも4回以上(朝起きた時、夜寝る前、日中2回を目安に)お飲み下さい。飲みたい時は、少し時間の間隔をあけて頻繁にお飲み頂いても大丈夫です。飲み物に入れて飲む場合には、必要量を確保するために、その飲み物はすべて飲みきるようにしましょう。
    また、感情に合っていないレメディを飲んでも変化は感じられません。その場合は選び直します。ご自身では変化が感じられなくても、周囲はあなたの変化に気づくことがあります。周りの方のご意見を参考にしてみるのもいいでしょう。また、大きな変化や急激な変化を期待していると、小さな変化に気がつかないこともあります。個人差はありますが、バッチフラワーレメディの変化は穏やかに訪れます。特に最初は、2〜3週間程度様子をみてください。
    フラワーレメディはプラシーボ効果ではありませんか?
    ペットや幼児にも効果が確認されていますのでプラシーボ効果ではありません。寧ろ凝り固まった概念のないペットや子供には効果が早くでるようです。(回答者:かのん
    1回に飲む量を増やせば効果も高まるのでしょうか?
    飲む量を増やしても効果が高まるというものではありません。量よりも飲む頻度を増やす方が効果的と言えます。一度に飲む量は、ストックボトルからは1種類につき2滴(レスキューレメディは4滴)が目安で、一度にそれ以上の量を飲んでも効果は変わりません。ただし、緊急の場合には、(レスキューレメディロックローズなどを)飲む間隔を短くし、飲む回数を多くすると良いでしょう。
    自分のマイナス感情に合わないバッチフラワーレメディを飲んでしまったらどうなりますか?
    自分のマイナス感情に合っていないバッチフラワーレメディを飲んだとしても、対応する感情がないと何も変化がないだけで、逆の作用を及ぼすようなことはありませんのでご安心下さい。もし、目安通りにストックボトルから1回2滴、あるいはトリートメントボトルから1回4滴を1日4回以上飲み、3週間以上飲み続けても何も変化が感じられない場合には、選んだレメディが合っていない可能性があります。その場合には、レメディを選び直すことをおすすめします。
    バッチフラワーレメディを飲むと性格が変わってしまうのでしょうか?
    バッチフラワーレメディの目的は、性格を変えることではありません。感情の傾向や処理方法は人それぞれで、癖となり習慣化していきます。その結果起こりがちな偏った感情の状態に対して、バランスをとることを目的としています。レメディを飲んだからといって、すぐに感情や性格が変わるのではなく、徐々に感情のバランスが整っていくので、長期的にレメディを飲むことで、例えば、短気な性格に少しずつ他人の欠点を受け入れられる寛容さが出てくるとか、他人に感情的になる前に自分自身の欠点にも目を向けられるようになるなどの変化を感じるようになるのです。
    また、レメディを飲んだ時の感情の変化として、自分では認識していなかった感情を抱き、性格が変わってしまったのでは?と不安を覚えることがあるかもしれません。これは、無意識のうちに心の奥に封じ込めてしまっていた感情が表に出てきたものですので、今度はその感情に対してレメディを選ぶだけで良いので、心配はいりません。人の感情は玉ねぎの皮剥きのようなもので、感情の層がめくれると別の感情が出てくると考えることが出来ます。38種類のレメディはどんな感情にも対応しますので、心を癒すためのセルフケアとして、継続してお使い頂くことをおすすめします。
    感情に合っていないレメディを飲むと副作用や害はありますか?
    バッチフラワーレメディに副作用や害は全くありません。万が一、改善したい感情に合っていないレメディを選んで飲んでも、変化があらわれないだけです。また逆に改善したい感情に作用を及ぼし悪化させるということもありません。
    ストックボトル(市販されているボトル)から直接飲むのと、希釈したトリートメントボトルで飲むのは、効果にかなり差があるものですか?また、トリートメントボトルは10ml・15ml・30mlがあるようですが、30mlの方が入れるミネラルウォーターが多い分レメディの効果が薄まってしまうのではないですか?
    ストックボトルから飲む場合、保存料のグリセリン自体が濃さをイメージさせてしまうことがあるかもしれませんが、ガイドラインに沿って希釈したトリートメントボトルから飲む場合も、どちらも効果や速度に違いはありません。また、トリートメントボトルの容量が違えば濃度が変わるということは事実ですが、効果が薄まるということではありません。これはバッチ博士の功績を継承するバッチセンターのガイドラインに基づくもので、実際にトリートメントボトルの使い方も、30mlのトリートメントボトルにミネラルウォーターを入れて、レメディを各2滴ずつ入れて希釈することと紹介されています。
    容量の少ないボトルについては、早めに使い切れるので品質の劣化を最小限に留めることが出来ることや、小さくて軽いので持ち運びがしやすい、小さなバックにでも入れることが出来るなどのメリットがありますので、ご自身のライフスタイルに合ったものを選ばれては如何でしょうか?
    フラワーエッセンスは、飲んでからどれぐらいで効果(変化)を感じるものなのでしょうか?
    基本的には人によりけりで、抱えている問題や状況、その人の性格や生きてきた背景などが違う為、変化の感じ方には個人差があります。また、フラワーエッセンスを飲みながら、じっくりと自分の感情を見つめていると、感情の変化に早く気づくこともありますし、人に言われて気がつくということもあります。一般的に、性格的傾向や長い間抱いていた感情に対応するフラワーエッセンスを使用した際には、長期的に飲用することで徐々に変化していくことになりますが、一時的(瞬間的)なストレスや激しい悲しみ、落ち込みなど、日常的に感じる感情には個人差があります。
    フラワーエッセンスを飲んで、30分もたたないうちから効果を感じる人もいれば、1〜2時間後にそう言えば落ち着いてきたなと感じる人など様々です。一時的な激しい感情に対して飲む場合は、5分〜10分程度の間隔を空けて頻繁に飲んで下さい。量を増やすのではなく回数を増やすようにします。しばらくたって、それでもまったく変化を感じられない場合は、選んだフラワーエッセンスが適切なものではなかった可能性がありますので、もう一度確認してみて下さい。また、マイナス感情が非常に強いなど、性格的傾向に対処するため選んだレメディの場合、2週間〜2ヶ月ほど飲んでも変化が感じられない場合も、正しいレメディを選んでいるかどうか、もう一度確認してみて下さい。
    そして、子どもは大人ほど感情の層が複雑ではないため、早く変化を感じられることがよくあります。
    もしも変化を感じられない時は、お気軽にご相談下さい。
    変化が感じられるまで、どのくらいの期間飲む必要がありますか?
    どのくらいの期間で変化が現れるかは人によって、あるいはその感情を抱いていた期間によっても違いますので、どのくらいの期間飲めば良いかは一概には言えません。2〜3週間を目安として飲んでいただいて、エッセンスの内容を見直すと良いでしょう。同じ組み合わせのものを続ける必要があるか、他のエッセンスを飲むか、またはもうエッセンスを飲む必要がないと感じるかもしれません。一般的に、一時的な感情は比較的早く気持ちが落ち着きますが、長い間抱えてきた問題は、時間がかかることが多いようです。
    レメディを飲むことにより症状が改善されたとします。その場合、もうレメディは必要なくなるのですか?それとも やめてしまうと、またその感情が復活してしまうのでしょうか?
    状態が改善された場合、それに該当するバッチフラワーレメディをやめたり、また他の感情があらわれたら他のバッチフラワーレメディに変えていきます。

    バッチフラワーレメディを使って表面の感情が癒されると、今度はその下に隠れていた感情が表に出てきます。新たに表に出てきた感情にまたレメディを選んで使う、という作業を繰り返していくことで、だんだんと本来の自分へと近づいていきます。

    レメディによって一番表側のマイナス感情が癒され改善されると、その感情の下に隠れ潜んでいた、今まで表にあらわれていなかったマイナス感情が感情の一番の表側にあらわれてきます。この隠れ潜んでいて、今まで表にあらわれていなかったマイナス感情が、新たに表にあらわれてきたことで、感情が復活してしまったのではないかと戸惑われるかもしれませんが、これは、レメディが当初問題となっていた感情の一番表側のマイナス感情にしっかりと働きかけ、改善がスムーズに行われたことを意味するものです。

    当初服用したレメディによって感情の一番表側のマイナス感情が癒され改善されましたら、今度は、新たに感情の表側に出てきたマイナス感情に作用するレメディを選び直して服用します。

    このように次から次に新たに感情の表面にあらわれてくるマイナス感情を、レメディによって取り除くことを繰り返していきます。そうすることによって、心の内面に秘かに隠れ潜っているマイナス感情を次から次にと癒し改善することができます。最後に残ったマイナス感情を改善しますと、よりバランスの取れた自分と出逢えます。(回答者:Tamami
    レメディは薬ではないのに、どうして様々なマイナス感情が改善されるのでしょうか?メカニズムを知りたいなぁと思いました。
    感情はエネルギーです。エネルギー保存の法則で、強い感情や、毎日作り続ける感情はすぐに消えてしまわないので、マイナス感情に、エネルギーそのものをぶつける必要があります。

    バッチフラワーレメディは医薬品のように身体的な病気や病状に直接作用するものではありませんが、花の持つエネルギーが、感情に働きかけ、心のゆがみを整えバランスを取り戻すことによって、自然治癒力をもたらし、心身の健康を導きます。

    性格や現在の心の状態をみて、それにふさわしいレメディをとることで、感情の乱れを改善する手助けとなります。マイナス感情を花に宿っているエネルギー(花に宿る癒しの力)によって調和をもたらしてくれ、心のバランスの乱れ(本来の自分の姿を見失った状態)を整え、本来の自分の在るべき姿(自分らしさ)に自然に戻り、心身ともに健やかでいられるようにサポートしてくれます。

    マイナス感情については、感情の意味とは何かなどを分かりやすく解説し、バッチフラワーレメディの正しい解釈が載っている本「感情のレッスン」(矢吹三千男著)がおすすめです。(回答者:Tamami
    フラワーエッセンスを飲んでも、効果があまり感じられないのですが、どのような原因が考えられますか?
    いくつか理由が考えられますが、主な理由としては、合わないエッセンスを選んでいることが挙げられます。合うエッセンスを飲みさえすれば効果が感じられるものの、それが合わないことで、効果が得られないということです。

    次に多いパターンが、エッセンスの使用方法が正しくないことが挙げられます。時間がなく、1日に1回とるかとらないかの状態で1本10mlのボトルを飲むのに3ヶ月くらいかけてしまっていて「変化がありませんでした」という人もいます。また一気に1日で飲んでしまったという人もいます。やはりエッセンスの使用頻度と効果は高い因果関係があるので、決められた回数や容量を守って取ることが大切です。

    一度に7種類以上のエッセンスを飲んでいるなど、多くのエッセンスを取り過ぎていることや、使用の目的が曖昧になっていることで、効果が実感しづらいということも考えられます。

    またエッセンスを薬のようなはっきりとした効果があると思っている人もいるようです。変化ということをもっと劇的なものとか、飲んでいれば自分を大きく変えてもらえるものなのだとフラワーエッセンスを捉えている人は、意外に自分に対しての気づきを見逃してしまいがちです。あるいは意外と多いのは「気づきたくない」または気づく準備が出来ていない状態ということも考えられます。フラワーエッセンスによる変容は、突然人が変わるような状態ではありません。自分の薄い皮を一枚一枚剥いでいくように、気がつくと変わっていた、前の自分と少し違うというようなものです。(回答者:林美奈子)

    具体的な症状についての質問

    小1の息子の夜尿で、バッチフラワーレメディを試してみようと思います。なにかアドバイスいただけると、嬉しいです。
    おねしょや夜尿症は精神的な面にその原因が隠れていることもありますので、バッチフラワーレメディが大いに助けになると思います。そしてお子様だけの問題と捉えず、お子様とご両親・保護者の気持を考えてみる必要があります。親御さんにとってお子様の成長や発達はとても心配で、おねしょがなかなか治らないと我が子は大丈夫なのか?と不安を抱くことでしょう。その不安や焦りから、知らず知らずのうちにお子様を責めたり、おねしょをしてはいけないとプレッシャーを与えたりすることがあります。それは言葉だけではなく、汚れたシーツやパジャマを毎日洗濯する煩わしさかもしれませんし、悩んでため息をついている姿からかもしれません。一方のお子様も、決してしたくておねしょをしているわけではないでしょうし、親を困らせようという思いもなく、出来れば早く治したいと思っているはずです。ですが、してはいけないことだ、恥ずかしいことだ、悪いことだと強く思うことがストレスとなり、思えば思う程おねしょをしてしまうのです。

    おすすめのレメディですが、アスペンロックローズです。子どものうちは不安や恐怖がどこからくるものなのか理解ができず、心のパニック状況が症状(おねしょ)となって現れることがあるからです。アスペンの漠然とした不安が、「おねしょをしたらどうしよう」という不安に変わるとミムラスがおすすめですし、おねしょをした自分を責める場合にはパインを、「またおねしょをしてしまった」と落ち込む場合にはゲンチアナをおすすめします。小1とのことで環境の変化に対してウォルナットも助けになるかもしれません。親の愛情を独占したい、気を引きたいという思いからチコリーを選ぶこともあります。

    また、「うちの子はどこか悪いのではないか?このままではもっと深刻な病気になってしまうのではないか?」と子どもを愛するがうえに心配し過ぎる親御さんには、レッドチェストナットをおすすめします。
    現在私は、脅迫神経症で通院中です。バッチフラワーレメディをこちらのサイトで知り、大変興味があります。
    脅迫神経症は患者様によっても症状が様々あると思いますが、過度の恐怖や不安などの感情を慢性的に抱くということは、心が疲弊してしまい、体も衰弱してしまいます。どのような時に恐怖を感じるでしょうか?なぜ不安を抱くのでしょうか?バッチフラワーレメディはマイナスの感情を和らげ、調和のとれた状態へと導いてくれます。まずは自分の感情と向き合い、あなたを苦しめている感情が何であるかを理解することからはじめましょう。全ての感情に対応するレメディがあります。当店では、セラピストが今あなたに必要なレメディを選ぶお手伝いもしておりますので、お気軽にご相談下さい。
    月経前症候群(PMS)や生理痛に効果があるエッセンスはあるのでしょうか?ありましたら教えて頂きたいです。
    月経前症候群(PMS)や生理痛は人によって症状が異なり、様々な身体的症状、精神的症状を伴います。また、レメディは薬ではありませんので、これを飲めば治るというものはありません。その時に感じる感情に沿って選ぶことが重要になります。感情を整えストレスを軽減させることで、身体的な症状の緩和が期待されます。
    イライラして怒りやすい、攻撃的になりがちな時にはチェリープラムインパチェンスが、憂鬱さにはマスタードゲンチアナが、疲れやすさや不眠にはオリーブホワイトチェストナットが、パニック、浮き沈みが激しい、決断力の低下にはロックローズスクレランサスが、また、ストレスや緊張状態の緩和にレスキューレメディもおすすめです。これはあくまでも一例で、この他にも様々なレメディが考えられます。ご自身に合うレメディの選択に迷う場合には、お気軽にご相談下さい。
    51歳女性です。4年前から更年期症状(ホットフラッシュ、不眠)が酷くなり 職場の健診で高血圧も指摘されるようになりました。性格的に心配性で神経質なところがあるのと更年期や家族の病による精神的な不安面からくるものも多いように思っています。更年期症状には漢方薬がわたしには合っていたため、レメディも効果があるかも知れないと考えています。
    今一番困っているのは、高血圧です。不安症、高血圧、不眠症、アトピーにはどのようなものを選べば良いのかアドバイスをいただけますと幸いです。
    更年期症状(ホットフラッシュ、不眠)、高血圧、心配性で神経質、家族の病による不安、アトピーについてバッチフラワーレメディを中心に選んでみました。

    まずホットフラッシュと不眠症、夜、眠ろうとしてもほてりがおさまらずなかなか寝付かれない。また発汗がひどくしばしば起きてしまう症状には、オリーブをおすすめします。

    つぎに高血圧についてはバイン(Vine)です。融通のきかない性格から体も硬直し緊張しています。ですから、関節の問題、高血圧、動脈硬化などの病気に罹りやすいため思いやりと配慮の気持ちを導いていきましょう。

    些細なことが気になり、神経過敏、神経質になりがちな心にはクラブアップルがよいと言われています。また家族の病による不安についてはホワイトチェストナットです。家族の悩み事で頭や心が休まらないときに使ってみてください。今考えても仕方がない問題などにひきずられることなく、自分の意志で、自分の思考をコントロールできるように導いてくれます。そしてゲンチアナは、更年期障害の自覚症状を認めることで前向きになれます。

    最後にアトピー性皮膚炎全般におすすめのクリームとしては、ホメオパシッククリーム グラフティーズが挙げられます。

    バッチフラワーレメディは医薬品ではありません。感情のバランスを取り戻すことにより、免疫力の改善が計られ心身の問題症状が改善することはありますが 、医療行為に代わるものではありません。医学的な治療を補完することはできましても、代替とはなりませんのでご注意下さい。(回答者:Tamami
    以前からバッチフラワーは使用しています。(現在はバックの中にレスキュウーパステルを持ち歩いています)。最近、ストレスと冷えかあり頻尿がひどくて困っています。(病院に行きましたが膀胱炎ではないということです)。五行説の診断をしてみたら、土星15、金星20とでました。職場での対人関係のストレスが強く、休みで自宅にいる時は頻尿はありません。過去のトラウマもあるように思います。(出生時の問題と親との関係)。ハワイがとても好きで将来は住みたいという夢があります。そのため、やりたいこともあり進んでいきたいのに色んな問題が足止めになっている感じです。ハワイのレメディーを飲んでみたいのですが、どれも自分に当てはまる気がして何を選択していいのか迷っています。1種類または2種類の選択をしたいのですが何を戴けばよろしいのでしょうか。
    ハワイのフローラコロナハワイアンレインフォレストナチュラルズから選んでみました。

    まずフローラコロナですが、職場での対人関係のストレスにはフローラコロナ コンビネーションのマジェンタクロスコンビネーションエリクシールがおすすめです。出勤前や昼休みなどに飲んでみてはいかがでしょうか?

    また過去のトラウマにはフローラコロナ フラワーエッセンスのパパイヤがトラウマの変容の過程におすすめです。そして落ち着いてきたらパパイヤと一緒にフローラコロナ フラワーエッセンスのマンゴーを飲めば、夢への一歩を歩き出せるよう手助けしてくれます。

    つぎにハワイアンレインフォレストナチュラルズから選択してみます。まずはストレス対策ということでストレスリリースフォーミュラです。そして過去のトラウマにはパパイヤ(手放す)をおすすめします。また金星20点という結果からレフア(感じる)もよいと思います。本当の自分をみつけ、チャレンジ精神が沸き起こります。(回答者:Tamami
    自分に合うのがどのレメディになるのか見当がつかないためご相談させてください。私はトラウマが多く、人を羨ましく思ってしまい→愚痴が多くなっている、自分自身を見つめ直して(向き合って)ストレスを軽減したいと思っています。
    まず、トラウマが多いとのことですので、過去のショックや苦痛を癒すスターオブベツレヘムをおすすめします。これは肉体的・精神的などあらゆるショックに対応するレメディで、出来事の直後に飲むこともできますが、長い年月が経ってから現れた感情にも使うことができます。また、人を羨ましく思い愚痴が多くなるときにはウィローをおすすめします。これは他人の成功や幸せが受け入れられず、自分が不幸なのは人のせいだと考えてしまう人のレメディです。
    私はウツとパニック障害という病気を持っています。以前に比べ、症状がましになってきたので病院で処方されているお薬を減らしたいのですが、不安が強く、なかなかうまくいきません。他にもちょっとしたことで他人を疑ったり被害妄想が出て、疲れてしまいます。人が嫌いなわけではないのですが…
    あと、夏バテなのか、睡眠などの時間が狂ってしまいしんどいです。今は、レスキューレメディを使い始めた所なのですが、他に良いものがありましたら、アドバイスをお願いします。
    バッチフラワーレメディは、薬の代わりに治療を促すものではありませんが、病気を引き起こしたり悪化させる否定的な感情に働きかけますので、治療と併用することで総じて良い結果をもたらすことがありますが、今お飲みの薬を減らしたい場合は、必ずかかりつけの医師の指示を仰ぐようにしてください。バッチフラワーレメディは薬をお飲みになっている方でも、全く問題なく併用してお飲み頂くことができますので、是非お続けになってみて下さい。レスキューレメディは、急な不安や緊張など緊急時に役立つレメディですので、必要だと感じた時にはいつでもお飲み頂いて結構です。
    まず、うつについてですが、明白な理由もなく突然憂鬱な状態に陥るようなうつ状態に対してはマスタードが、他人を疑ったりという否定的なものの見方から心が憂鬱になる状態でしたらゲンチアナがおすすめです。また、パニックが起きたときにはロックローズが、被害妄想など否定的なものの見方にはウィローが助けになります。感情の浮き沈みが激しいうつ状態を経験したり、不安を多く抱えている状態は心だけでなく体も疲弊してしまいます。理由が明確な不安にはミムラスを、絶えず望まない考えに振り回されて疲れてしまう状態にはホワイトチェストナットを飲むことで、睡眠時間も整い生活のバランスが保てるようになります。
    女性ホルモンの分泌を整えたり・促したりする効果のあるバッチフラワーレメディはありますか?おすすめを教えてください。
    バッチフラワーレメディは感情面に作用するものですので、ホルモンに作用するものではありません。しかしながら、感情とホルモンは密接な関係があると言われており、感情のバランスが整うことで、ホルモンバランスにも良い働きかけが出来ることが期待されます。
    私は、強い嘔吐恐怖症で、自分が吐く事も、他人が吐いているのを見るのがすごく恐怖です。電車に乗っても、ここで吐いたらどうしようと常に嘔吐のことを考えてしまい、ご飯もあまり食べられません。そういう感情があるからか、常に吐き気があります。もちろん消化器科で見てもらっても特に目立った異常はありませんでした。このような場合にあうレメディはありますか?
    嘔吐恐怖症の原因として、一般的に言われるのは、過去に自分が嘔吐したことで辛い経験をしたり、または他人の嘔吐を目撃してショックを受けたりしたことによることだそうです。もし、そのような経験があるようでしたら、過去のショックとトラウマのスターオブベツレヘムを、吐いてしまうのではないかという不安にはミムラスチェリープラムをおすすめします。常に嘔吐のことを考えていて頭から離れない状態にはホワイトチェストナットがいいでしょう。
    バッチフラワーレメディのより良い効果を実感したい場合、自分自身の感情をよく考えてみる必要があります。なぜ嘔吐に恐怖を感じるのでしょうか?何を受け入れたくないと思っているのでしょうか?その症状の背景にある感情に気づくことができれば、次第に心のバランスが整い、嘔吐の恐怖から解放されることでしょう。
    現在パニック障害で毎日パニックになり過呼吸発作を繰り返しています。病院に5年くらい通院していますが一向に良くならず、現在はパキシルとメイラックス、デパスを服用しています。私に合ったレメディを教えてください。なお、バッチフラワーの使用は初めてです。
    まずは、バッチフラワーレメディは現在服用中の薬とも併用出来ますので、安心してお飲み頂くことが出来ます。レメディを飲むことで、もしも薬の量を減らしたり、飲むのを止めたいとお考えの場合には、必ず薬を処方した医師にご相談下さい。
    どんな時にパニックや過呼吸発作が起きるでしょうか?過度のプレッシャーを感じた時でしょうか?人のことを心配な時でしょうか?わけも分からず突然起きてしまうのでしょうか?人によって様々だと思いますが、パニックの背景には不安や恐れの感情が潜んでいることが多く、それが内面からくる場合にはアスペンが、外側から受けた衝撃(例えば火事や地震)の場合にはロックローズがおすすめです。パニックが中々治まらない場合には、少量の飲み物にレメディを入れ、少し間隔をおいて、頻繁にすするように飲んで下さい。また、5年ほど通院されているとのことで、今に始まった症状ではありませんので、過去の衝撃やショックを癒すスターオブベツレヘムも助けになることでしょう。呼吸が乱れて苦しい場合、深く呼吸が出来ない場合には、アグリモニー、アスペンミムラスも良いと言われております。
    私は今49歳で、更年期真っ只中です。そんなに激しい更年期の症状はないと思いますが、一つだけどうしても変えられないのが主人への感情です。一生懸命働いて家族を守ってくれているのに申し訳ないと思うのですが、主人の言動が無神経でいらいらさせられます。 子どもの前でけんかをするのは避けたいので、極力見ない、聞かない、話しかけないという態度で接しています。こんな冷たい関係は、二人にとっても子どもにとってもいいことではないと重々承知していますが、変えるきっかけがつかめません。もしこんな場合に効果のある適切なレメディがあれば教えてください。
    まずは更年期に差し掛かっているとのことで、体や人生の変化を穏やかに助けてくれるウォルナットをおすすめします。また、ご主人の言動にイライラさせられるとのことですが、状況によって考えられるレメディが違います。物事が自分のペースで進まないとイライラしてしまうようでしたらインパチエンスが、良いところではなく悪いところばかりが目立ち、批判的になってしまう場合にはビーチが、相手を憎む程憎悪感が強い場合にはホリーが役立ちます。ご主人との関係を変えるきっかけがつかめないとのことですが、あなたが変わることで不思議と周りも変わっていきますので、焦る必要はありません。
    9歳の子供が不適応になってしまいました。
    クラスが変わり担任も変わったのが、原因かと思いました。私もいつも怒ってばかりで、どうしてよいかわかりませんでした。自分自身人と話すのも苦手だったため、息子を小さい時から外へ出したりしなかったため適応できないと旦那には言われました。息子を怒ってばかりいたため、自信がない様子だし、すぐ怒ります。漢字がわからないとかささいなことです。私の心配する感情や怒る感情がそのまま伝わっているのでしょうか?私達にあうフラワーレメディを選んで欲しいです。
    お子様におすすめのレメディは、クラス替えという新しい環境にも、外部の影響を受けずにスムーズに移行出来るウォルナット、忍耐力のなさからすぐに怒ってしまう時にインパチエンス、自信のなさにラーチが良いでしょう。また、このご質問だけではわかりませんが、人とのコミュニケーションをとるのが苦手であればウォーターバイオレットを、また少々内気な性格であればミムラスを一緒に飲むといいかもしれません。

    お母様におすすめのレメディは、ご自身の性格的傾向である人と話すことが苦手というタイプの方のレメディであるウォーターバイオレット、お子様と同じくインパチエンス、子育てに対して少々自信をなくしているようであればラーチです。もしも、お子様を心配する感情が強く、まだ起きていないことまで心配になってしまう場合にはレッドチェストナットも考えられますが、ご相談の文面から推察するに、現時点では必要はないのではないかと思います。

    インパチエンスラーチウォーターバイオレットはどれも背景に性格的傾向が隠れている場合があるレメディです。親子ですから感情や性格の傾向が似ていることはよくあります。お子様の話をよく聴き、お母様もご一緒にレメディを飲まれると良いと思います。
    パニック障害、不安障害になり、体の痛みに悩んでいます。おそらく、体全身がものすごくいたくなるのです。他にも症状はありますが、今それに一番悩んでおります。痛み止めを飲んでも痛みが残り、いつも疲れています。今大学4年生で卒論、日本語講師、塾講師などをしてスケジュール管理にも追われています。最近いつも「疲れた・・・」と感じ、疲れが消えてくれずに悩んでいます。ネガティブな私ですが病気になってからはポジティブに物事を考えようとしています。しかし、本当に疲れてしまって、助けて欲しい気持ちで一杯です。おすすめのレメディはありますか?
    精神的にも肉体的にもゆとりがなく、不安や痛みから疲弊している状態だと思います。
    パニック障害については、どんな時に起きるのかにもよりますが、自分の内面の不安からくるパニックに対してはアスペンが、外部の出来ごとから受けたパニックにはロックローズが良いでしょう。また、不安に対しても、対象がはっきりとしている不安にはミムラスが、対象がわからず漠然とした恐れを感じるときにはアスペンを飲みます。そして、疲れに対してですが、自分の限界を越えて頑張り続けてしまう人のレメディであるオークと、心身共に疲労困憊状態に良いオリーブを一緒に飲むと良いでしょう。また、全体的に見て、もう忍耐力の限界に達しているように思えますので、その場合にはスイートチェストナットが助けになることでしょう。
    現在、23歳(男)です。先月ぐらいから、不安感がこみあげたり、食欲不振・目眩・吐き気・動悸・頭痛・微熱・体のほてりなど、体にいろいろな症状が出てきてしまい、初めはただの風邪か疲れかと思っていたら、掛かり付けの医者によると自律神経が不安定になっていると言われ、現在、安定剤を飲んでいます。
    これ以上ひどくなるなら、メンタルクリニックを受診しようかと思ってもいますが、ネットでたまたまバッチフラワーレメディのことを見て、効果があるなら使ってみようかと思っています。上記のような、不安感を取り除く/神経を安定させる/食欲を戻す/精神を落ち着ける、などの症状に効果のあるレメディをいくつか選んでいただけると幸いです。
    不安の原因に思い当たることはありますか?また、どんな時に不安を感じるでしょうか?不安の対象が明確であるならばミムラスが、漠然とした不安であるならばアスペンを選びます。また、自律神経失調による説明しがたい不安のようでしたら、やはりアスペンが良いでしょう。もしも不安感がこみ上げてきたときに、自分自身をコントロールできないのではないかと感じたり、正気を失うことがあれば、チェリープラムも一緒に飲むと良いでしょう。体に色々な症状が出てきてしまうとのことですが、次々に別の身体症状へと変わる時には、スクレランサスが助けになります。不安などの感情は心だけでなく体も疲弊させ、心身共に疲労困憊に陥りやすいため、オリーブを飲むことでエネルギーを取り戻すことが出来るでしょう。
    私は妊娠26週目の妊婦で、非常に強いストレスを感じています。どんなレメディが効果的でしょうか?
    妊娠期には、体の変化や様々な不安などから、ストレスを感じることが多いと思います。ストレスの対象が体の変化や出産に対する不安である場合には、以下のレメディが考えられます。

    また、レスキューレメディは出産時に使うと、分娩がスムーズで産後の回復も早いとの報告もあります。
    このたび飛行機でハワイまで行くことになりました。時差ボケや機内での疲労に効果的なレメディがあれば教えてください。
    時差ボケには、環境の変化のためのウォルナットが効果的です。また心身の疲労にはオリーブ飲むと良いでしょう。フライト前とフライト後の気分の変化によって、その他のレメディ一緒に飲んでもかまいません。例えば、飛行機嫌いの人にはミムラスが効果的です。

    液体物の飛行機内への持込みには制限がありますので、搭乗前に航空会社のHPなどでご確認頂くことをおすすめします。また、フライトに不安がある場合や緊張する場合には、レスキューレメディやグミタイプのレスキューパステルもおすすめです。
    エッセンスの購入を考えているのですが、精神的に疲れている感じなのです。説明するのが難しいのですが、家族に認知症の親がいまして妄想や幻覚がひどく、相手するのに疲れ気味です。最近は疲れに、少しイライラもします。なんだかやる気もでなく楽しくない感情もあります。 DTWフラワーエッセンス(フォーミュラ) 、フローラコロナの種類から良いのがありましたら教えていただけたらと思います。浄化作用も含まれているといいと思っております。
    DTWフラワーエッセンスとフローラコロナからいくつかおすすめをピックアップさせて頂きました。DTWフラワーエッセンス(フォーミュラ)のリカバリーは、家事などで日々忙しく、エネルギーを消耗してしまい、やらなくてはいけないことが山積みの毎日に自分の楽しみまで気力体力が残っていない時におすすめです。
    フローラコロナのバレンタインコンビネーションエリクシールは毎日の生活で疲れ果て、やる気がなくなってしまった時、疲れを癒し、元気に前向きに動けるよう導き、幸福感を与えてくれます。
    グリーン(ラブ(愛))は認知症の親御さんのお世話でのイライラや疲れをしっかりと癒せるよう手助けします。スクウィーキークリーンコンビネーションエリクシール(ピカピカにきれいにする)は心も身体も浄化してくれます。ぜひお忙しい毎日の心身のケアにご活用下さい。(回答者:Tamami
    先日ホメオパシッククリームのティートゥリーグラフティーズを購入し、ティトゥリーは軽いかゆみ、下の子の手に出来た水いぼのようなものにもよく効き広範囲に使用させていただいております。問い合わせはグラフティーズについてですが、効用を拝見し娘のかゆみをともなうアトピーに使用しています。使い始めてまだ日も浅いせいかかゆみがあまり落ち着かず、 精神的にイライラしてしまうようです。使用方法のよきアドバイス、また他によい物があればお聞きしたいのですが。
    ホメオパシッククリームは、バッチフラワーレメディのレスキュークリーム同様に、症状そのものを治す薬ではありません。皮膚のトラブル、症状による不快感やストレスを和らげることで、症状自体の緩和に効果が期待できるものとしてお使い頂くと良いでしょう。かゆみがあまり落ち着かないとのことですが、万が一かゆみや他の症状が強くなるようなことが御座いましたら、ご使用を中止して医師へご相談下さい。また、体の外側で起きている症状は、内面的な問題が反映されていることがあります。ですので、心や感情といった内面に働きかけるバッチフラワーレメディを一緒に使われると良いでしょう。

    かゆみが落ち着かずにイライラしてしまう時にはインパチェンスが、皮膚トラブルの浄化役としてクラブアップルも合わせて飲むことをおすすめします。また、ビーチはアレルギー反応によく選ばれています。アトピーの原因は一つではなく、食事や環境、精神的な要素が入り混じっているとも考えられます。心身のバランスを整えるためにも、ホリーラーチウィローなどのレメディも選ばれることがあります。一般的にホメオパシッククリームやバッチフラワーレメディは劇的な変化や即効性があるものではないので、効果を期待し過ぎずに、体が治そうとする力を穏やかに助けるものとして、焦らずに続けて頂くことをおすすめします。
    私の兄が事故で右手首を複雑骨折してしまいました。相当重症らしく、手術も大変のようで、兄はとても不安で治るかどうか心配しています。また、突然のことでとても動揺しています。このようなときに聞くレメディがあったら教えて下さい。あと、聞き手の怪我ということもあり、治るかどうか大変不安がっているので、自然治癒力を上げるレメディがあったら教えて頂きたいです。
    急な事故や病気のショックにはバッチフラワーレメディのレスキューレメディをおすすめします。不安や神経の高ぶりを減らし、心を落ち着つかせてくれます。またDTWフラワーエッセンス(フォーミュラ) のエマージェンシーもおすすめです。

    突然起こった心身の大きなストレスやトラウマとなりうる状況のケアになります。自らの内より起こる強い自然治癒エネルギーを与えてくれるライフオブメンも配合されています。またライフオブメンのシングルエッセンスもあります。希望を失うと免疫機能は低下すると言われています。病気や事故にあったとき、自分自身が治癒のプロセスに参加しようという気持ちを起こしてくれます。

    カウンセリングサービスもご利用下さい。フラワーエッセンスについて熟知した専門のカウンセラーが、貴方のお話を聴き、対話を通して貴方に寄り添うことで、マイナス感情を整理していきます。あなたに本当に必要なフラワーエッセンスをご提案します。(回答者:Tamami
    怒りっぽい子供のことで相談したいのですが、ちょっとしたことですごく怒って過剰な反応をしてしまうような状態には、どの商品が良いでしょうか?
    まず、“怒り”に合うレメディとしてはホリーをお薦めします。自分の気持ちをコントロールできず、相手を攻撃したり、怒りなどのマイナス感情を外に吐き出してしまう人が、寛容な心を取り戻し、穏やかな気持ちで過ごせるようにホリーのレメディが手助けをしてくれます。

    また、感情が高ぶり、発作的に行動したり取り乱してしまうようなときには、チェリープラムが感情の爆発などを抑える手助けをしてくれます。また短気で落ち着きがなく、イライラしやすいお子様にはインパチエンス、お母様の気を引きたくてわがままな態度をとってしまうようなお子様にはチコリーがお薦めですので、併せてお使いいただくとよいかもしれません。

    バッチフラワーレメディは、お子様と一緒にお母様もお飲みいただくことで、より穏やかで良好な親子関係を築けるようになると言われています。感受性がとても豊かなお子様でいらっしゃるかと思いますので、お子様のご様子や感情の変化をじっくり観察しながら、お子様に寄り添うようにケアしてあげてください。(回答者:Yumi
    私は生理前になると毎月必ずと言っていいほど、うつ症状に悩まされます。理由もなく憂鬱になったり、泣いたり、イライラしたり、何もする気力がなくなり、体中の力がなくなり、一日中寝込み起き上がることさえできません。このような症状には、どのようなレメディが適切でしょうか
    いくつかおすすめのレメディをあげていきます。まずチェリープラムはイライラする感情をコントロール出来るように導きます。またインパチエンスは自分のペースを乱されたり、思い通りにいかないイライラから忍耐強く導くレメディです。またレスキューレメディはストレスや緊張状態からリラックスに導き、痛みも軽減されると言われています。

    イライラしている自分を否定せず、生理前緊張症(PMS)の時期は、イライラしたり落ち込んだりするのは仕方がないと受け止めることで自分の感情をフラワーエッセンスでコントロールしていきましょう。(回答者:Tamami
    普段はそうでもないのですが、憂鬱になるとネットに依存する傾向があり、とても困っています。何かに依存してしまうことから解放されるためにもレメディは有効ですか?有効であれば、どのレメディがいいかも教えて下さい。
    現代社会においてスマホやネットへの依存の方が増えているそうです。憂鬱になったときは、外部からの影響を受けやすくなり不安定になって間違った道を選びやすくなるそうです。

    チェリープラムは、ネットに依存してしまいそうになっても精神面で強くなり、苦しみや辛い事に耐えることができるようになります。自分の気持ちをコントロールできるようにもよいと思います。またウォルナットはネットを見ないという新しい環境の変化に適応し、習慣やしがらみに縛られることがなくなります。自分の考えを信じて進むことができるようにするためによいと思います。(回答者:Tamami
    憂鬱になった時に起こるのですが、憂鬱になると過去を必要以上に振り返ってしまし、「あのときこうしていれば・・・」という後悔と、「あのときこうしてくれたら・・・」と恨んでしまう自分がとても嫌なのですが、もしこのような症状にも効くレメディがあったら教えて下さい。
    等身大の自分を認めることができるようになるフラワーエッセンスでサポートしましょう。自分を責め続けるという悪循環から抜け出し、成功と失敗を繰り返し、経験しながら成長していくのを手助けしてくれます。

    おすすめは次の3つです。クラブアップルは些細な事で自己嫌悪になり傷つきやすいときに。パイン(Pine)は常に自分が間違っている様な感覚を持っていて罪悪感を感じるときに。チェリープラムは、後悔してしまう自分の気持ちをコントロールできないときに。(回答者:Tamami
    19歳の娘のお肌悩みです。ここ1年ほど、指(特に小指)ですが、他への指にも同じ症状なんですが、かゆみと乾燥などに悩まされてます。時々、小さな水ぶくれもあるようです。水虫なのかどうか気になりますが、皮膚科からはそのようなことを言われてないようです。処方にリンデロン、ヒルドイドソフト、べたつきが気になる時はザーネ軟膏を出されています。塗布してる時は良いようですが、やめてしまうと症状が出るようです。また、両足の太もも、ひざ下全体が虫さされかダニに刺されたような、傷が残ってしまう感じです。このような場合に、レスキュークリームなど、良いクリームありますか?お顔の肌同様、敏感肌ですのでそのように使用できるクリームを教えていただきたいです。
    19歳の娘さんの敏感肌におすすめのネルソン社のホメオパシックコスメタリーのシリーズからクリームをご紹介させて頂きます。ホメオパシッククリームは、ハーブの良さがたっぷり配合されていて心地よく、敏感肌にも安心してお使いいただけます。

    ホメオパシッククリーム ティートゥリーは、皮膚や粘膜の炎症に優れた効力を発揮するティートゥリーのエッセンシャルオイルが配合されています。かゆみや炎症、湿疹と肌をしっとり、すべすべに保ちます。
    ホメオパシッククリーム アルニカは、あらゆるトラブル肌のケアに使われる伝統的な定番クリームで炎症を抑えるハーブのアルニカエキスが配合されています。(回答者:Tamami
    フラワーレメディを使って2週間ほどたつ者です。私は自律神経失調症とパニック障害を7年ほど患っており、特に理由のない不安、予期不安、息苦しさ、動悸、めまい、だるさ、疲労感の症状に悩んでいます。症状や感情に合わせ、現在アスペン、レスキューレメディ、オリーブ、スターオブへツレヘムを使用しています。私の症状の改善のために、他におすすめのレメディがあったら教えて下さい。
    パニック(気が動転)は、不安を生じさせるような問題との対決を回避すればするほどその問題をうまく扱えなくなっていきます。恐怖や不安に見舞われた際に自分の弱点を知っておくと、同じような体験に出逢った時に衝撃を弱めたり、回避していくことができるようになっていきます。レメディを日常的に準備段階として活用していきましょう。おすすめのレメディは、落ち着きを取り戻し、予期不安を取り除くミムラス(勇気)とロックローズ(克服)の組み合わせです。

    次に効果についてですが、フラワーレメディによる感情の変化は、多くの場合穏やかに現れます。性格的傾向や長い間抱いていた感情に対応するバッチフラワーレメディを使用した際には、長期的に飲用することで徐々に変化していくことになります。バッチフラワーレメディを飲んで、30分もたたないうちから効果を感じる人もいれば、1〜2時間後にそう言えば落ち着いてきたなと感じる人など様々です。(回答者:Tamami
    自律神経失調症やパニック障害のある方がたくさんそちらのフラワーレメディを使用し、改善したというコメントを見ましたが、大体皆さんはどのくらいで効果が出たのでしょうか?そして、使用方法で注意すべきことや、一日どのくらいを飲むのがベストなのかも知りたいです。
    使用方法や注意すべきことや、一日どのくらいを飲むのがベストなのかについてですが、一時的な激しい感情に対して飲む場合は、5分〜10分程度の間隔を空けて頻繁に飲んで下さい。量を増やすのではなく回数を増やすようにします。しばらくたって、それでもまったく変化を感じられない場合は、選んだレメディが適切なものではなかった可能性がありますので、もう一度確認してみて下さい。また、マイナス感情が非常に強いなど、性格的傾向に対処するため選んだレメディの場合、2週間〜2ヶ月ほど飲んでも変化が感じられない場合も、正しいレメディを選んでいるかどうか、もう一度確認してみて下さい。(回答者:Tamami

    各種セラピーについて

    TFT療法(思考場療法)とはどのようなものですか?
    TFTとは、Thought Field Therapy のことで、日本語では「思考場療法」といいます。西洋医学と東洋医学が融合した心理療法で、手順を覚えれば、ひとりで、どこでも、いつでもセルフヒーリングができます。

    アメリカの精神科医、故ロジャー、キャラハン博士の研究によって鍼灸の経穴(ツボ)を順に指で叩くことによって、薬や一般的な心理療法では効果が得られなかった対人恐怖症、各種依存症、トラウマ、パニック発作、あがり症、などの症例において、症状の改善、又は、消失が可能となりました。TFT(思考場療法)は 簡単な手順で、効果も高く、僅か5分足らずと短時間で行えます。そして副作用もないので、臨床の場でも注目されています。

    TFTでは、感情的混乱の原因が不幸な出来事そのものにあるとは捉えずに、パータベーション(心的動揺)という「精神的動揺の原因」の存在を想定しています。身体を流れるエネルギーが通過する道である経絡、その経絡の中継点である経穴(ツボ)は、身体内外に異常がある時に反応します。西洋医学では心と体は切り離して考えられていますが、東洋医学では内臓が感情を持っていると考えます。「心の地図」である体に現れる気の滞りを本来の状態に戻してあげることで心も元気を取り戻すことができます。

    TFTのセラピーを受ける時には、つらい出来事を思い出すのではなく“解消したい感情を思い出す”ことが重要なポイントです。(回答者:丸江泰子
    TFTを受けたいのですが、過去の辛い経験を全て話さなくてはいけませんか?
    その経験を思い出した時の感情が大切なのでTFTのメニューを選んでいただくことができればお話は伺わなくても大丈夫です。(回答者:丸江泰子

    その他の質問

    放射線に対応することができるエッセンスはありますか?
    放射線に対応するエッセンスというのはありません。おすすめはゼトックスです。ゼオライトとフルボ酸の組み合わせで効果が高くなっています。ジュクジュクした吹き出物などがすぐにかさぶたになりますので、効果を確かめやすいでしょう。また電磁波などが気になる場合は、スターエッセンスのシールドオブライトなどがおすすめです。
    ゼトックスは授乳中の方や妊娠中の方も使用が可能でしょうか。妊娠中も初期の方は良くないなど注意する点はありますか。
    授乳中でも妊娠中でも問題ありません。むしろ、イオン交換作用で、すでにある体内の重金属などを吸着して排出する可能性がありますので、よりよいかと思います。効果を期待しすぎなければ、マイナス面は少ないということです。どうしても心配であれば、妊娠初期には量を減らしてもいいと思います。(※体内に取り込んでいる陰性の物質は、排出されるのに時間がかかる場合があります。結果には個人差があります。)

     

    このページの先頭へ